Boomer back in Boston!!

知らぬ間にボストン→東京→上海→ボストンと太平洋を往復したJRTとの生活について気が向いた時に書き留める気ままなブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010年度 養犬許可証更新 浦東にて

さて、今朝、Roryを幼稚園へ連れて行った後
その足で公安に行ってまいりました。

去年は更新と言う名の新規申請だったので
今回が初体験の集団更新。
予防接種は済んでいるので以下のものを持って会場へGO。

-1000元
-09年度の養犬許可証&免疫証
-申普医院で貰った青い予防接種記録手帳


会場は、楊高中路1500号にある公安。
入場制限をしていたので外にあった列で5~10分程待ちました。
噂通りワンワン・ガウガウやってて
う~ん、with Boomerはあり得ないかんじ。

中に入るとL字型にテーブルが並べてあって
それに沿って
-1000元の支払い→レシートを貰う
-許可証&免疫証を出すとピンクの紙に名前を書いてくれるのでそれを貰う
-許可証&免疫証を回収される

ここで注射を打つエリアに入るのですが
まず入ったところで
-ピンクの紙を渡して、申普の青いブックの接種記録を制服着たおじさんに見せる
-リストに名前などを記入して、そこにサインをさせられる
-スタンプを押されたピンクの紙の半券を受け取る。
-「許可証&免疫証を貰うところに行って」とおじさんがジェスチャーで教えてくれる

その許可証の配布がね、ちょっぴり混乱。
出来たカードの名前を読み上げて配布するっていう方法。
並ぶのが得意でない人たちが多かったのでね。
しかもワンコ抱えてたりして。

そして、ウチのはBooPapaの名前なので英語表記。
英語表記になると読み上げ担当者は
単に「英語」って言うので(笑)
引き換えのピンクの紙に書いてある名前を見せて
無事に許可証&免疫証をGET。
license


全工程で10分~15分ぐらいだったでしょうか。
ま、流れ作業が一応流れていたって感じでしょうか。
勿論、来年も犬無しで更新決定!

またいらない備品を貰ってきました。
renew

この右側のボウルにこんなこと書いてありました。
bowl1
ハイエナやハゲワシが来る前に・・・ってさ、どこで犬に餌を?(笑)。

今年もちょっとクチャかったバッグ。
bag

なぜか折りたたみ傘。。。
umbrella

今年のキーホルダーはカタチが少し違う。
tag
まそんなことはどうでもいいですが。

と、ここからは余談。

同じ敷地に住んでいる去年ワンコを飼い始めた知人達が
「養犬許可証の新規申請は毎年3月にしかやっていない!」
とここの管理事務所の人に言われてたって言ってたんですけど
確かに本日、新規申請している人々がいたんですよね。

なんかそんな話は初耳だったのと
仮に4月とか5月に犬を上海に連れて来たりした場合は
約1年の間、許可証が無いわけなの?と???が沢山。
狂犬病の注射とかだってしないといけないのにねぇって。
浦東(金橋)の話ですが。

年度の途中でも新規登録できないことはないんじゃないかなって
個人的には思っているんですがね。どうなんでしょうね。


スポンサーサイト

PageTop

養犬許可証 - やっと申請!

上海で犬を飼うには公安に登録して許可証を取得しなければならないということで
我が家も「やっと」ですが申請が終了!

中国語どころか漢字でさえ苦手な私には毛頭無理なので
マンション探しなどでお世話になっているリロケーションサービスの方
(中国人女性)にお願いしました。ミニピンのルルちゃんを飼っているそうで。

彼女、とっても手際が良くっていつも感心感心。
「養犬許可証を申請したいんだけど」と連絡を入れるとすぐに行動開始!
とりあえず、用意しておいてといわれたのは以下の通り;

申請書用に
-パスポート(居留許可証)
-飼い主の顔写真1枚(1in. x 1in.)
-犬の全身写真(横から見たもの)1枚(2in. x 3in.)
-浦東の申請料金の1000元

全身写真はこんなかんじで。
for license


マンション管理事務所での登録用に
-犬の全身写真(横から見たもの)1枚
-犬の顔写真1枚

-マンション管理事務所の許可印
-マンションオーナーのレター(?賃貸契約してる証明?)
などの書類は、彼女がパパっと入手! ホントに感心!

申請書の提出、レシートの引取りはすべて彼女がやってくれたので
私は本日を連れて初めての出動
Boomerをクレートに入れ、必要書類を持って動物病院らしきところへ。
Roryももれなく一緒に!

あら、こんな所にっていう所に診療所?発見。
中に入るとすぐそこに診察台。 待合室に診察台という感じ。
先着様は小さい茶色のポメラニアン。注射2本打たれてました。

普通、狂犬病ワクチン&混合ワクチンをここで受けるらしいのですが
Boomerはアメリカから連れてきた
両方とも3年間有効(来年の6月までOK)なのを打ってあるので
過剰接種にしたくないことを伝えてもらうとすんなりとOK

狂犬病ワクチンの接種証明書とか持って行ったのに見もしなかったなぁ。
マイクロチップの確認もしなかったし。
「ここにサインしてください」といわれたのでサインをし、
こんな↓ステッカーと冊子をもらって終了。
sticker


読めないので写真だけ見てみたらジャックが載ってた、やっぱりボールか・・・。
dog


クレートから出されもせず、多分顔も見られてない感じだったなぁ。
「クレートに入れられて車で移動」はBoomerにとって飛行機の旅を思い出させるようで
道中おやつにも目もくれずにずっとクンクン鳴きながら心配した割には何も起こらず

のまま自宅に戻ってきたBoomerでした。。。

1ヶ月ぐらいすると公安から電話がくるのでそしたら許可証を取りに行くとのこと。
それまで1000元支払った時のレシートを大事にとっておいてねということでした。

これでひとまず一安心。後は待つのみ・・・。

Boomerも取り越し苦労(?って言うんだったっけ?)で疲れた模様。。。
tired

うしろ足が長いね、Boomer。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。