Boomer back in Boston!!

知らぬ間にボストン→東京→上海→ボストンと太平洋を往復したJRTとの生活について気が向いた時に書き留める気ままなブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅。

Boomerをメアちゃん宅に預け、我々人間どもはお友達一家と行ってきました。

モンゴル1

ん?
どこ?って、モンゴルへ(笑)。

モンゴル10


4才児が2人一緒だといろいろと行動に限りがありますが
とりあえず、近くにある国立公園にも行ってきました。

モンゴル3テレルジ国立公園 亀石(亀岩?)

馬に乗ったりしてきちゃいました。 
BooPapaがシャッターチャンスを逃したので
残念ながら写真はありませんが(笑)。

基本、ウランバートルの中心部を離れると何にもないです(笑)。 
モンゴル2

牛とか犬がとにかく好き勝手に歩いてます。
モンゴル8
ホテルの敷地内にも牛さん達が入って来て草を食べてたり
犬がうろうろしてたり。

ワンコ達はもちろん狂犬病予防注射なんて打ってないので
近寄らない&怒らせないのが基本ですが
不思議と立場をわきまえているというか
それなりにうまく共存しているというか。

モンゴル7
ゴミをあさっているワンコ達。
残念ながらゴミがいろんなところに沢山落ちてます。
ガリガリのワンコなんて見ませんでした(笑)。
このあと牛さんたちもやってきました。

モンゴル6
ウランバートル市内にあるガンダン・テクチェンリン僧院(通称ガンダン僧院)にて。

モンゴル9
ここはチベット/モンゴル仏教の総本山。
そんなことよりもハトに夢中な人もいましたが(笑)。

モンゴル5
市内はこんな感じで超高層ビルはないものの近代化してます。

始めの2日間は羊肉攻めにあったので市内でのランチはここ。
モンゴル4やっぱりこの国にもあったアイリッシュパブ(笑)。

市内にある博物館では恐竜の化石などを見ることができます。

モンゴル人には結構ガタイの大きい人が多く
日本でのお相撲さんの大活躍に納得。 
日本からの中古車が沢山走っています。
中には救急車とか佐川急便のトラックなどが走ってました。

5~6日間の短い旅でしたが、往路の飛行機がキャンセルされたり
復路も12時間も遅れたりで、何かと色々あった旅でした~。

上海に到着後、Boomerが首に勲章を付けて帰宅。
ブーマー
ハスキーにカプっとやられたそうです。結構がっちり入ってるんだけども。

病院にちゃんと連れてっていただいて、抗生物質を飲んでいるBoomer。
傷は結構深いものの今のところグチュグチュしてないし
精神的&体力的&食欲的にはまったく変わりのないBoomer。

首の後ろにポッコリとコブみたいのができてるんだけど
多分、かまれたときの上あごがあたったところかな。
切れてないので少し経てば腫れは引いてくるらしい。
よく見たら、やはり噛んだ歯の後が3カ所あり
かさぶたになってました。

ま、所詮、ジャックラッセルは勇敢な猟犬ですから
これくらいの傷では精神的ダメージなんぞ受けてられないのですな。
相手のワンコを傷つけなくってホントに良かったです。

とっても心配してくださってるメアママさん(ありがとう!)とは反対に
傷口が化膿さえしなければ、まったく心配していない飼い主です。(いいのか?)

お薬が終わった時点で傷がすっかり乾いていることを祈り
涼しくなった上海でお散歩&お外遊び三昧です。

P.S.写真がちょっとデカ過ぎたかも。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

いいなぁ~。モンゴルv-10
―なんてのん気に写真を拝見していたら、
ぶっ、Boomerv-12v-12v-12
やっちゃいやられちゃいましたか!
相手のハスキーは…B君ですね。
あの子は縄張り意識が強いので、
過去にも度々問題を起こしてるんだよね。でも、リードされてたでしょ?????
まぁリードしててもやる時はやるか<苦笑
それにしても、結構ガッツリ入ったんだね。
メアママの様子が想像できます。
Boomerが精神的に参ってなければいいけど…
ハナちゃんも先日、ある小動物と戦って(汗)かなりの傷を負ってしまい心配しましたが、
全く懲りてなかったので、きっとBoomerも大丈夫でしょう!
でも、お大事にね!
首のこぶはちょっと時間かかるかも…

じゅんじゅん | URL | 2010-09-27(Mon)17:22 [編集]


じゅんじゅんさんへ

その通り、B君です。
リードはされてなかったそうです。
B君って前にご老人を押し倒しちゃったワンコですかね?
もしかして。
基本的にブーマーはハスキーが嫌いなんで
相手がハスキーと聞いてもあまり驚かなかったのは事実。。。

傷を見た時、ハナちゃんのこと考えてたんですよ~、実は。
そう言えばいっぱい傷つくってたなあとかもっと深かったなとか(笑)。
精神的には全くダメージ受けてないです(苦笑)。
絶対にメアママのがダメージ受けてると思うよ。
傷も痛くないらしく、触らせてくれるし。
今朝もブルドッグが向かって来た時に
受けて吠え返してたし(笑)。
売られたケンカは絶対買うので、全く懲りてない模様。

ハナちゃん大丈夫ですか?
傷早く治りますように。

BooMama | URL | 2010-09-27(Mon)21:19 [編集]


No title

ありゃありゃ!!!!
いいなモンゴル・・Boomerの勲章????びっくりでした。
傷口深そうだね~。化膿しませんように。

相手のワンコを傷つけなくってよかったと、私も思うと思うな。

お大事に!

Parson | URL | 2010-09-29(Wed)01:35 [編集]


Parsonさんへ

ありがとう!
かさぶたが結構固いのでもう大丈夫だと思います。
首の後ろと耳の後ろはもうかさぶたがとれたし。
ブーマーは掻きもしないので気にもなってなさそうです。

リードしてるので近くには行けないけど
今日も同じブルドッグと大型犬2匹にそれぞれ吠えられたけど
思いっきり向かって行った(苦笑)。
少しは懲りてくれた方が。。。

BooMama | URL | 2010-09-29(Wed)02:04 [編集]


行きたい!

モンゴル、憧れます。 子供が生まれる前に行っとくんだった・・と悔やまれるのですが、もう少し大きくなったら連れて行っても大丈夫かな? 大きな病院が無いところに行くのは、やっぱり不安で。 それにしても壮大な景色!きっと空気も上海とは違いきれいだったのでしょうね。 ブーマーの傷、早く治りますように★

breeze | URL | 2010-10-03(Sun)10:35 [編集]


breezeさんへ

薬諸々は色々と持って準備万端で行きましたよ(笑)。確かに郊外というか田舎の方へいくと空気がきれいです。でも、街の中は酷かった。しかも季節なのか乾燥がすごくって顔がバリバリ&パリパリ痛かったほどです。なので、うん、美容的にはあまりよくないのかもしれないです(笑)。最終日はまだ9月だったのに雪も降って来ちゃったし。あと、飛行機の便が少ないので、キャンセルとか遅れると半日は軽く待たされます~(経験談)。

BooMama | URL | 2010-10-04(Mon)09:53 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。